愛犬しつけ教室プラスわんがワンコ博士なら完璧なマンガだった

まがつきの銀髪美少女に釣られてフラっと1巻を読み心がけるという、いきなりの開示ステージに驚いてしまいました。挿図はライトな感じで作者の田口ホシノちゃんについてもちょこっと気になってしまいますね。まがつきだけでなくて漫画とか二次元には明るい女児がいっぱいで最高です。なので、ヒーローぽい紳士が告られているのですが、どうも彼には好きな人がいるみたいで、手ごわい事態になってますね。直後、扉で美少女をダブルで出して大アピールしてくれました。よし、いよいよまがつきを読んでも、二次元美少女が好みなら、これで読まない理由はありませんね。本文に入るといった、面会したから一生懸命に妻のおパンツを探るワルガキらという、スクールではよくある景観が広がっていました。そっちへやってきたのはポニーテールが眩しい稲森アカリという女児だ。それでも、こういうこどもはガキパンツだと呼ぶ野郎が生じ、お誓約の成長になります。どうもこういう男性、八助は稲森アカリの幼馴染みという美味い下ごしらえのようですね。まがつき以外でもよく見る時ですが、これは何ごと見ても必勝です。しかも、彼はアカリの事が密かに好みという、ヤバイテンプレ振りを発揮して頂ける。ついでにいうなら住まいが神社で、祭祀怠りめくりで草生えめくりのガーデンをメンテナンスし始めた八助が、ご神体を破壊して講話が本格的に初回となるわけですね。ここでHOMEの銀髪女児がチラっと見えて、実に興味深い事態となってきます。グングン、意識を失っていた八助をキスで引き起こすについて不明瞭な成長。しかも、家内に祟られていらっしゃるとかいうからミステリーだらけですね。なので、大神的美少女を押し倒してある形で、アカリと再会するから同時に言及が動き出します。あんな可愛らしいこどもがリアルな疫病神なんて、少し良いかも。